空き家対策特別措置法の目的は?

空き家対策特別措置法は、なぜ何の目的で制定されたのでしょうか。
特別措置法を作ってまで、空き家対策を進めなければない理由を読み解く上で欠かせません。

空き家による悪影響の懸念

img018 - 空き家対策特別措置法の目的は?

最近のニュースでは、老朽化したビルの看板が落下して、実際に大ケガに繋がった事件も起こったように、建物は必ず朽ちていきます。
他にも建物の外壁が歩道に落ちて、通行人が被害に遭いそうなケースなどがあります。

空き家の瓦が、大きなビルと同じ被害をもたらす原因のひとつ。

建物老朽化の結果、付近や周辺の方に悪影響をもたらす可能性は十分考えられます。
例えば、次のような点・空き家が原因で悪影響が考えられる。

空き家の特徴

  • 全体の傾き、主要構造の腐食
  • 屋根
  • 外壁の剥離
  • 設備、門
  • 塀の老朽化浄化槽が破損し汚水が流れる
  • ごみの放置
  • 不法投棄
  • 景観の不適合

このような悪影響が発生し、放置される期間が長期になるほど危険性が増すことが考えられ、古い空き家ほど対策が必要になってきます。

空き家放置して考えられる問題やトラブル

空き家を放置するとどうなるでしょう。噂には聞いても詳しくは知らないものです。空き家対策特別措置法では固定資産税の実質増額や強制解体はよく耳に入る事ですが所有者が直面し、法的な根拠を参考に考えて下さい。

解体工事・空家解体は関西最大のネットワークを持つトライズへ

eyecatch mb 1 - 空き家対策特別措置法の目的は?
トライズは<大阪・堺>和歌山・奈良・兵庫・京都・三重県に強い地域密着型の解体業者です。

ビル・工場などの大型施設・戸建ての解体から・物置き・倉庫の取り壊しまで、ご相談・現地調査後のお見積もりまで無料です。

解体工事以外にも「不用品処分」「土地活用」や、弁護士・司法書士と連携した「遺産分割協議」の解決まで、空家問題にお悩みの方へさまざまなサービスをご提供しております。

ご不明な点や、ご不安な点など、どんなことでもお気軽にご相談ください。